旭駅本屋

SNSが普及しきった今日において、人々はなぜブログを使うのであろうか。

トップバリューウイスキーを活用しようとした話リターンズ

 おはこんばんちわ!とりあえずブログの視聴者数を伸ばすにはトップバリュウイスキーを消費すればいいということに気がついた筆者です。というわけで、今回はあの禁じられた溶液であるトップバリュウイスキーの活用方法を探っていきたいと思います。

 ところで、前回トップバリュウイスキーを活用した時にこんなツイが寄せられたんですよね。

 

 というわけで、味の強い炭酸で割ってしまえば良いのではないかと思ったわけですよ。あっ、そうそう、ところで読者諸兄の皆様はガラナサワーという飲み物をご存知ですか?北海道で買うことが出来る著名なアルコール含有飲料の一つであり、筆者としてはそのアルコール感の薄さから税金泥棒の二つ名で呼んでいる代物であります。なにせガラナ*1の味しかしない 。ふとここで思うわけです。

 トップバリュウイスキーガラナで割れば飲めるようになるのでは…?

 こうして、トップバリュウイスキーと漢との戦いは再度幕を開けたのである。

  今回用意したのはトップバリュウイスキー(以下、ウイスキー)とコアップガラナ、キリンガラナガラナエール、ドクターペッパーマックスコーヒーの5酒類の炭酸飲料です。これで割っていき、結果どれが美味しいかを論じていきたいと思います。今回は、全てウイスキー:割り材を1:3の配合で調整していくことにしました。

 

1.ウイスキーのコアップガラナ

 まずトップバリュウイスキーガラナ割りですが、概ね正解です。なにせトップバリュウイスキーの度し難い香りがガラナの香りに紛れわからなくなってしまっているのです。これは勝つる!と一口飲むとえにも言えない違和感が襲ってきます。そう、コアップガラナガラナの中でも一際癖の無いガラナだったのです。ゆえに、トップバリュウイスキーの強いクセには打ち勝てなかったのです。まあそれでも飲めないことはないので赤点ギリギリの可ってところでしょう。ただし、コアップガラナをそのまま飲んだほうが美味しいことはもはや語るまでもないでしょう。

 

2.ウイスキーのキリンガラナ割り

 キリンガラナは先刻のコアップガラナとは異なり、幾分後味の悪いガラナであります。トップバリュウイスキーも御存知の通り後味の悪いウイスキーであります。両者を配合することで、後味の悪さが相殺され、そこそこマシな味になるんじゃないかと思いつつ、口に入れました。しかし、そんなことは全くありませんでした。マズいということは無いものの、これならキリンガラナを直接飲んだほうが美味しいと思う次第であります。

 

3.ウイスキーガラナエール割り

 ガラナエールはガラナの中でも筆者が最も愛するガラナであります。味、炭酸、全てのバランスが良くまとまっている一品であり、関東地方では中々買えないのが玉に瑕なくらいです。なお、このガラナエールは上野のNEWDAYSで購入しました。上野駅万歳!NEWDAYS万歳!

 さて、味はというと、元々のガラナがそこそこさっぱりしているのでくどくなく、後味の悪さもガラナエールのそれに近く、そこまで違和感を抱かない塩梅になっておりました。今までの割り材の中では一番マシといえるでしょう。尤も、ガラナエール単体で飲んだほうが美味しいのは言うまでもないことではありますが。

 

4.ウイスキードクターペッパー割り

 実を言うと、筆者はドクターペッパー童貞であります。どこかでは選ばれし者にのみ許される知的飲料だのと持て囃されているドクターペッパーでありますが、大学時代に愛飲していたのは専らマックスコーヒー(500mlペット)。インテリジェンスな活動を行うにあたってドクターペッパーを飲むという習慣づけがなされなかった筆者はそのものに対して知的飲料だのと言われてもさっぱり首をかしげる他ないわけであります。

 しかし、買ってきたとあらば飲まねばならない。というわけでコップに注いでまずはウイスキーを加えずに飲みます。香りがキツイですが、飲めない味ではありません。続いてウイスキーを注ぎます。

 ウッ……

 苦手な香りは更に邪悪な香りへと变化し、味は摩訶不思議なフレーバーが追加され無意味に複雑さを極め、まるで罰ゲームで用いる気の狂った飲料のような代物に仕上がりました。ドクターペッパー嫌いにとってはドクターペッパー自体が罰ゲームに用いる味と言われるようでありますが、これはそれすらも超越し恐らくドクペ好きであれ飲んだ液体の9割りを同じ箇所から排出する羽目になるでしょう。

 

5.ウイスキーマックスコーヒー割り

 みんな大好きマックスコーヒー。先述のように、筆者は学生時代事ある毎にマックスコーヒー(500mlペット)を愛飲していただけあり、非常に馴染み深い存在であります。その甘ったるさといい、舌を通り超えて歯に来る甘さといい、喉に残る練乳の後味といい、どれをとっても何がどうコーヒーなんだとツッコミを入れたくなる代物であります。さて、そんなクソ甘いコーヒー飲料であるマックスコーヒートップバリュウイスキーを割るとどうなるのか?気になりますよね。というわけで実際に割ってみました。

 結果はといいますと、カルーアミルクの出来損ないのような味です。カルーアミルク自体がそこそこアルコール感の強い酒であることを鑑みても、拭えないアルコール臭さは如何とも言い難くクソです。そもそも、甘い溶液に対して辛口のテイストを加えるとかいう、スイカに塩のかわりにラー油掛けてやるぜぇ!みたいな発想をしたところで微塵も美味くなるわけがないんですよね。もう少し辛味の弱い酒を使うべきであると思いました。とは言え、香り自体はマイルドに抑えられているので香りはアレだけど味は良いぽしゃけなんかを割るには良さげかもしれません。

 

 結果、ウイスキーガラナ割りならまだ飲める部類であることが判明しました。尤もガラナ単体の方が美味しいのは言うまでもないことですが、それでもガラナの風味の強い飲料に仕上げることが可能であることが示唆されました。これはガラナサワーがガラナ感の強い飲料と化すことと極めて酷似しており、ガラナでぽしゃけを割ることによる効用が改めて浮き彫りになったと考えられます。また、ガラナの中でも、癖の強いものよりも癖が似通っているガラナエールを利用するのが最も効果的であることが今回示されました。これは、マリアージュに似たような風味の料理とワインとで合わせられることからも、一定の合理性のある論であることが示唆出来るでしょう。

 以上の結果より、トップバリュウイスキーは割り材としてガラナエールを用いることでどうにか飲用に耐えうる水準の味を維持することが出来ることが判明いたしました。今後は、トップバリュウイスキーをこのようななんとか赤点ギリギリであれ可を取ることが出来るレベルの味の飲料に出来ないかどうかを随時検討していきたいと思います。

*1:北海道で有名な炭酸飲料。コーラに似ているようで似ていない何か