旭駅本屋

SNSが普及しきった今日において、人々はなぜブログを使うのであろうか。

「宇宙ヨメ」のステマ

 まず最初に、ステマ記事としてはあるまじき冒頭ダイレクトマーケティングリンクという非道な行為に関するお詫びを申し上げます。しかし、これがあることでこの宇宙ヨメという作品の立ち位置がより明確に伺えるようになるであろうと考えまして敢えて冒頭にリンクを貼らせていただいた次第であります。あっ、ちなみにこれ読みは「ウチュウヨメ」ではなく「ソラヨメ」なのでご注意頂きたく思います。そして、この冒頭の広告はただの広告ではないのです。宇宙ヨメ1をよく見て下さい。新品欄の価格が無いと思います。そうなのです。そういうことなのです。

 

 宇宙ヨメ1はまず新品で手にはいらないのです!

 

 

 

 ちなみに2の方も結構怪しいです。メロブで穴のあくほど探していますが未だ見つけられた例がない。というかよく調べたらメロブ全店舗品切れやん*1。そら探しても無いわ。かくいう筆者はヨドバシで見つけて秒で確保したのでありますが、こちらも在庫は怪しくなりつつあり……

 

 悲しい運命でありますが、売れなかった商材は重版が掛からないのでどうしてもこうなってしまうのであります。悲しい。もし一迅社が返本在庫抱えてるんだったら売って欲しいくらいです。

 

 と、宇宙ヨメの悲しい境遇についてはここまでにしましょう。読者諸兄の皆々様においても、いくらここで筆者が嘆こうが喚こうがこの作品の素晴らしさは1μも理解できないわけであります。それなら早いところ作品の素晴らしさを語るべきでありましょう。語ったところで新品買ってもらえないけど。

 この作品の特徴を一言で伝えるのであれば、まんがタイムきららのドキドキビジュアル全開マガジン、まんがタイムきららMAXで連載中の原悠衣先生の描くラブコメディ作品であります。きんいろモザイクとかわかば*ガール等の代表作がギャグ・コメディであることを鑑みると中々面白そうじゃありませんか?面白そうだと思いますよね?そこそこおもしろいわけであります。全2巻では流石に尺が足りないとかいう、わりとどうしようもない致命的な欠陥こそ抱えているものの、一応大団円を迎えるわけであります。良さ。ワリと大きめの伏線はちゃんと回収されるし*2良さ良さ。

 とまあ、ストーリーはしっかりしている上にラブコメディーとしても(尺の割にキャラが逐次投入される節はあるものの)上手いこと出来ているので良さみが深いです。何が一番良いかって言ったらそら原悠衣先生の絵で紡がれるラブコメディというその一点に収斂するわけでありますが、とかく尊いわけであります。尺さえもう少し取れていたら更に人気が出ていた気がするものの、そもそも人気が出ていたらここまで圧縮しまくった展開にはならない気もするのでなんとも言えない。

 

 というわけで、ぜひぜひ読者諸兄の皆々様も宇宙ヨメを購入し一迅社に圧力を加えていこうな👏👏👏

 

 

 出るわけのない続編という万が一の可能性を実現させていこう💪💪💪

 

 

 資本主義社会に不可能はないのだ👍👍👍