旭駅本屋

SNSが普及しきった今日において、人々はなぜブログを使うのであろうか。

RSS

 

鉄道研究会(部)を考える

読者諸兄の皆様はあの著名な月刊漫画雑誌の一つ、まんがタイムきららMAXはご購読頂いておられますでしょうか?

読んでる人も読んでない人も「初恋*れ~るとりっぷ」はオススメです。秋頃単行本出るっぽいので買おうな!

 

で、毎回毎回楽しく拝読させていただいている「初恋*れ~るとりっぷ」なのですが、鉄研部員だったマンとして鉄研を思い浮かべながら読むと「あれ?鉄研ってこんなんだったっけ……?」ってなるので今回再履修したわけです。

実際これに加えて読み切り分の2018年の8月、9月分を追加して10部。

それでは、てっつGOです!

 

続きを読む

ブラウザゲーム

エンゲージプリンセスなるブラウザゲームをはじめました。はい。

イラストレーターさんがかんざきひろさんならそらやるしかない。オタクはちょろい。

しかもですね、メインヒロインさんのCVが日高里菜スァンと。これはもうやるしかない。可愛い。尊い。素晴らしい。

そう、オタクはちょろいのである。

ちなみに、面白いかつまらないかでいうと、つまらなくない、くらいのところです。

つまらなくない、結構ハードルが低くて高いので極めてアレなわけであります。そもそも面白いは加点法でもつまらんは減点法なので評価も違うわけであります。評価軸が増えれば増えるほど減点のしがいが出てきてしまうので脳死で出来るゲームの方がより早くつまらなくないレベルを勝ち得るわけです。まあ、でもつまらないゲームはどれだけその先が面白くても投げるやん?我々はゲームがしたいのであって苦行がしたいわけではないんや。無限に1-1を周回して遠征を回して手動でイベントを攻略し続ける何が楽しいんだ。

 

というわけで、何が言いたいかというとですね、オタクはちょろいのでちゃんとレスポンスを返してくれてフルのフルボイスでイラストが可愛ければ大体なんでもよいのです。そういうものなのです。

目指せ、ミニマリスト

ミニマリスト、オタクとは対極の存在です。なぜ彼らが物に囲まれない生活を是とするのかは甚だ疑問ではあります。とはいえ、ものがない事で管理コストが縮減出来る、ものを選択するために思考するコストが減るなどの副次的作用は得たいものです。なんせモノが多すぎるとこれらが無限に肥大化するためであります。

このことから、出来うる限りミニマリストのメリットを享受しつつ、オタクグッズを増やしていく方法として、規格の統一による管理コスト及び思考のコストの縮減について考察していきたいと思います。

続きを読む

一人暮らしの収納を考える

春です!

高校を卒業して今日から社会人!――というニューソーシャルパーソンも多いのではないでしょうか。そうなってくると、やはり親元や学生寮などを離れ一人暮らしなどそういう生活になる人も多いかもしれません。そこで、そんな新生活に微妙に役立たない一人暮らしにおける収納について考察する記事になります。

続きを読む

私服夕張さんについて

 

 

皆さん、大変なことが起こりました。

これは一大事件です。

続きを読む

現場主義

「現場を見ていないものに何がわかる」

というのは求職闘争で腐るほど聞いてきた言葉だと思います。一方で、現場をよく知っているはずなのになぜ、と思うことは腐るほどあると思うわけです。

 

続きを読む

情報化社会

おはこんばんちわ。筆者です。

ところで読者諸兄の皆様は普段どれくらいの量のデータと対峙していますか?1Bit?1Word?1GB?1TB?仕事なら兎も角プライベートだと本当に差がついてくる分野だと思います。ちなみに筆者は2~3TB程度です*1。ファイル数としては200万程度でまあ、趣味でもないとやってられないなって感じです。はい。仕事だったら渡された瞬間きがくるうと思う。

しかしですね、この気が狂う程のデータ量が情報化社会、ひいては今話題のAIやBIの分野になってくると思うわけです。

*1:日常的に検索してすぐ取り出したいデータ量として。アーカイブ的なものを含めると20TB程度になる。

続きを読む

求職闘争

青春18きっぷ春季の通用期間と同時に求職闘争が開幕した学生の皆々様、おはこんばんちわ。

筆者は「社会、向いてないな」という諦観から就活は少数当たって砕ける戦法で挑んだのですがそれでもいろいろとジャップクソやな感がにじみ出てきたのでクソなどころをクソなりに述べていきたいと思います。はい。

ちなみにですが、めんどいからと内定が出るように行動して内定が出た段階で行動を止めるのは技術的負債が蓄積するのであまりお薦めはできません。青い鳥は探していきましょう。探して一番いいところを見つけて他を蹴るのです。そうするのが人事のためでもあるのです。

続きを読む

痛快TV スカッとオセアニア!

今も昔の話。

私はどこにでもいる普通の公務員。

 

それは、いつものように真理省に出勤していた時の出来事です。

 

毎日出勤途中の売店で昼食を買ってから向かうことに決めていた私は、行きつけの売店にパンでも買っていこうと寄っていきました。

 

するとどうでしょう、店内ではレジでカンカンに怒り狂っているおじさんが店員さんを怒鳴るわだる絡みするわのひどい光景が広がっていました。

 

「早くお会計を済ませて出勤したいのになぁ……」

 

そう思う私。

 

「でも、あの顔どこかで見たことがあるような……」

 

店員さんにだる絡みをしているオジサンに、私は見覚えがあったのです。

 

「あっ、そういえば!」

 

そう、そこに居たのは他でもないエマニュエル・ゴールドスタインでした。

 

ゴールドスタインはテレスクリーンによく出演する超有名人です。

 

歯に衣着せぬキャラがウケて一躍大ヒットしたものの、その傍若無人な振る舞いにはガラス越しでも嫌になるくらいでした。

 

その本家本元のゴールドスタインの傍若無人な振る舞い、部下による恫喝、脅迫、そして羊が目にも留まらぬスピードで繰り広げられていました。

 

 

しかし、ここでスカッとする出来事が起こるのです。

 

 

奥の戸から、なんとあのビッグ・ブラザーがいらしたのです!

 

こちらを見るなり慈愛に満ちた瞳でこちらに微笑んでくるビッグ・ブラザー!

これにはあのゴールドスタインも敵いません。

すごすごと店を後にし、そのまま地下に潜っていきました。

 

 

戦争は平和である

自由は屈従である

無知は力である