旭駅本屋

SNSが普及しきった今日において、人々はなぜブログを使うのであろうか。

我が青春のゲーム達

 「ねえねえ、君、少し疲れてるようだね。東方って知ってる? あれやると凄い気分が良いし、こんな現実どうでも良くなるよ。みんなやってるんだ。え、お金だって? いらないよ。すぐに出来るから、試しにやってごらん? 怖くないって。お兄さんもやってるし、大学生とかも多いんだ」

 STGゼビウスの時代で認識が止まってるから出来る気がしないんだよなぁ……

 「えっ、ゼビウスって何?

 

続きを読む

創作とネタ切れと

 さて、読者諸兄の皆々様おはこんばんちわ。唐突ですが皆様にお知らせがあります。残念な筆者の残念な大脳新皮質は残念ながらこれ以上の労に耐えることができそうに無く、本日ついにネタ切れを起こしましたことをここにご報告致しません。

続きを読む

トップバリューウイスキーを活用しようとした話リターンズ

 おはこんばんちわ!とりあえずブログの視聴者数を伸ばすにはトップバリュウイスキーを消費すればいいということに気がついた筆者です。というわけで、今回はあの禁じられた溶液であるトップバリュウイスキーの活用方法を探っていきたいと思います。

 ところで、前回トップバリュウイスキーを活用した時にこんなツイが寄せられたんですよね。

 

 というわけで、味の強い炭酸で割ってしまえば良いのではないかと思ったわけですよ。あっ、そうそう、ところで読者諸兄の皆様はガラナサワーという飲み物をご存知ですか?北海道で買うことが出来る著名なアルコール含有飲料の一つであり、筆者としてはそのアルコール感の薄さから税金泥棒の二つ名で呼んでいる代物であります。なにせガラナ*1の味しかしない 。ふとここで思うわけです。

 トップバリュウイスキーガラナで割れば飲めるようになるのでは…?

 こうして、トップバリュウイスキーと漢との戦いは再度幕を開けたのである。

*1:北海道で有名な炭酸飲料。コーラに似ているようで似ていない何か

続きを読む

オタク同士で博物館を回るべき4つの理由

 文化の秋ですね。流石に2回も博物館に対するダイレクトマーケティングを行った手前、そろそろ読者諸兄の博物館に対する興味関心も涵養されつある頃合いかと思います。さて、前回前々回の記事でオタクと博物館を回るべき理由とそうでない理由について述べてきましたが、ここであることに気がつくと思います。そう、オタク同士で回ることでこれらの諸問題はさくっと解決出来るのではないかと。というわけで、今回はオタク同士で博物館を回るべき理由について書き連ねるなどしたいと思います。

続きを読む

オタクと博物館を回るべきではない4つの理由

 さて、弊ブログの熱心な読者もそうでない読者の方もおはこんばんちわ。本日も皆様から時間を収奪しクソみたいな文章をねじ込むことで著名なクソブログの時間がやってまいりました。前回の記事でオタクと博物館を回るメリットが存分に理解でき、読む前と読んだ後で大分博物館に対する印象が変わったと思います。えっ?何も変わってないじゃないかって?いえいえ、そんなことは無いはずです。人間微小な変化はわからないものですから。lim[n->∞](1/n)を解けばわかるはずです。何も変わらないということが。 

 さて、今回は、前回散々メリットを羅列したということで、今回はその裏を取っていきたいと思います。つまるところ、オタクと博物館を回るデメリットを列挙していきたいと思います。

続きを読む

オタクと博物館を回るべき4つの理由

 9月、秋ですね。秋といえば文化の秋(唐突)。読者諸兄の皆様はいかがお過ごしでしょうか?文化の秋、ということで、本日は博物館に関して記事を書き連ねるなどしたいと思います。

 ところで皆様は博物館に対してどんな印象をお持ちでしょうか。面白くない、なんかよくわからない。そんなネガティブなイメージをお持ちの皆様も、この記事を読めば博物館に対する印象が対数関数的に上昇し、それまでと見方が2π[rad]変わること間違いナシです!

続きを読む

生まれの過ち人民学

 ”生まれの正解”とは何か――

 

 ツイのコミュ障には自称コミュ障が多い。これは持論である。そして、その自称コミュ障の方々には特徴があることに最近気がついたのである。それは、日常生活に於いて、或いは、面接等に於いてどのようなコミュニケーションを取るのがわからないということである。これは、彼らのツイを読んで勝手に推論していることであり、更に言うなれば筆者のことでもある。

 そして、その自称コミュ障の方々とオフ会などで出会うと、ふんだんな語彙力と圧倒的な知識によって見事なまでに会話を続けていくのである。コミュ障とは何だったのか。加えて、参加者の殆どがコミュ障なのでと自分のことを卑下することさえあるのだ。どういうことだ。おかしいではないか。コミュ障が集まったらコミュ力が地を這い誰しも「アッ……アッ……」と碌に口も利けずにツイで会話をし始めるような有様になるのが関の山ではないのか。しかし、むしろコミュ障が集まっているからこそ立てられる仮設というのもあるのではないだろうか。そう、即ちコミュ障同士においてコミュ障はコミュ力が高いという仮設である。

続きを読む

孤独のカタン

f:id:Ithikawa:20170908171244j:plain

 読者諸兄の皆々様も、学生徒であった頃にボードゲームで遊んだ記憶があると思います。さて、これが社会人となると時間と頭数を集めるのが非常に困難になるわけでありまして、然れどもボードゲームをやりたいとふと思いついた時に出来ないというのは何とももどかしいものがあるのであります。さて、ここでもう一度タイトルを振り返ってみましょう。そこには、「孤独のカタン」などという、どこかのグルメ漫画のパクリみたいな文字列が見えるかと思います。そう、聡明なる読者諸兄の皆様はもうお気づきになったことでしょう。今回は、3~4名が標準、特別ルールでやっと2名で遊べるカタンを1人で遊んだ記録になります。

続きを読む

今日から始められるクソブログの書き方

 そう思っているそこのアナタ!そんなことはありません!実は、旭駅本屋みたいな文章は非常に簡単に書くことが出来るんです!!今日はそんな旭駅本屋のようなクソブログの書き方について軽く纏めていきたいと思います!

続きを読む

ソーシャルゲームはストライクゾーンを破壊する

 ФГОおもしろいですよね。よっしゃ!フルコンボ*1*2

*1:

www.fate-go.jp

 

*2:ちなみに、筆者はФГОは入れたっきり何も手を付けてない

続きを読む